2004年 6m & down Contest
2004年7月3日〜4日実施



・・・・・(撮影 JA1XRH)

PHOTO-1 6m&Down/FieldDayの準備を兼ねてEAB渡辺宅でアンテナの確認。1200MHz用パラボラ。軽トラックにルーフタワーを取り付け、本番をイメージして調整。
PHOTO-2 後ろ姿はUHF/SHFのスペシャリストFST佐々木さん。ノウハウの伝授をいただきました。
PHOTO-3 左FST/右XUY馬場さん。5.6G用のフルセットを借用しました。奥で何かをしているのが、 CKA熊谷さん。
PHOTO-4 6m&Downで堂平山山頂へ移動しました。左上から1200MHzで使用した??-7000、2400用ループ、 1200用八木。隣のポールは2400用GP。大きく写っている6エレ八木は50MHz用です。
PHOTO-5 芸術的写真となってしまった144MHz用8エレx2。
PHOTO-6 コン柱の右にあるポールのトップには430の主力アンテナとなったGP。??-7000。何エレか良く見えないが、12エレ?x2の430八木。上手に日陰に駐車しているXUY馬場さんの愛車。
PHOTO-7 日陰で運用中のXUY馬場さん。良く見えませんが、後部座席で運用しています。

・・・・・(撮影 JA1XUY)

PHOTO-8 堂平山の山頂にある天文台のドームと430MHzのアンテナです。 13エレ×2八木とX-7000をセットしてあります。 X-7000を使って運用していることが多かったと思います。
PHOTO-9 軽トラックの荷台に載っているマストには、上から1200MHz用X-7000、 2400MHz用八木、1200MHz用八木をセットしました。運転席からJA1PZD萬さんが1200MHzを運用しました。右隣のマストには50MHz用6エレ八木です。フェンスの前に小さなテントがあり、その中からJE1CKA熊谷さんが50MHzを運用しました。その隣は、2400MHz用のGPです。運転席からJH4XKW/1三島さんが2400MHzを運用しました。右端のマストには144MHz用8エレ×2八木です。JA1XRH大谷さんが144MHzを運用しました。
PHOTO-10 同じく430MHzのアンテナです。バンパーに朝日が反射しています。
PHOTO-10 7月4日の朝4時50分頃に撮りましたが、「眠たいよー」と言っている大谷さんです。
PHOTO-10 JA1PZD萬さん作成のインターフェイスボックス「タコの巣」です。 zLogwのボイスメモリーを用いてCQを連発しました。 5600MHzのパラボラセットでは、トライするもオペレーターの技量不足で、残念ながらQSOに至りませんでした。


Top page

2006/6/4 更新 by JJ1XPJ